リビドーロゼの効果的な使い方

リビドーロゼは香水ですから、使い方は「付けるだけ」です。
ただ使い方のポイントがいくつかありますので、それを紹介したいと思います。

 

リビドーロゼは、いつ付ければいい?

リビドーロゼは、「ベッド専用香水」。
ベッドインからフィニッシュまで、シーンに応じてふさわしい香りが立つようになっています。

 

時間にして、約1時間。その後は徐々に香りが消えていきます。

 

なのであまり早く付けてしまうと、効果が薄れてしまうということなんですね。
ベッドインの直前に付け、彼の「したい」スイッチをONにして、そのままベッドインするのが、理想的なパターンです。

 

ベッドインの直前というと、付けるタイミングをちょっと迷うかと思います。
彼がいる前だと、やはり香水などを付けるのは、ちょっと抵抗がありますよね?

 

ベッドインの前に、シャワーを浴びることもあるかと思います。それなら、シャワーの後に付けるのがいいと思います。

 

それとか、タイミングを見計らい、トイレに立つのもいいですね。

 

付ける場所は?

リビドーロゼは、彼の「したい」スイッチをONにしてくれる香水です。
だから付ける場所にも工夫すると、より楽しいベッドタイムを満喫できると思います。

 

まずは、手首やうなじ。彼を自然にやる気にしてくれると思います。

 

それから胸元や内股、脇腹など。
濃密なベッドタイムになるのではないでしょうか?

 

普段使いにするのもおすすめ

リビドーロゼは、普段使いにするのもおすすめです。
付けて1時間ほどで落ち着いた香りになりますので、あまりきつい香りが好きでない人などなら、ちょうどいいと思います。

 

それから、「どうもまわりの男性に女性として見られない」などという人なら、男性と同席する際、付けてみるのもいいでしょう。
男性の反応が、それ以前とは変化するのを感じられるかもしれません。

 

ただしその場合、あまり興味がない男性の前では付けないようにした方がいいです。
変に言い寄られてしまっても困りますからね!

 

使用上の注意は?

使用する上で注意しないといけないのは、次のとおりです。

  • 付けて万一肌に異常が出たり、肌に合わない場合は使用をやめる
  • 傷やはれもの、湿疹、かぶれなどがある部位には使用しない
  • 直射日光が当たる場所などには保管しない
  • 乳幼児の手の届かない場所に保管する
  • 開封後は6ヶ月以内に使用する