香水にはどんな種類があるの?

リビドーロゼは、香水の分類としては、「フローラル系のオーデパルファン」になります。
それでは香水は全体として、どのような分類がされるのでしょうか?

 

大きく分けると、「濃度」と「系統」の2つで分けられるようです。

 

香水の濃度による分類

香水は、濃度によって次の4つに分類されます。

 

パルファン

濃度15〜30%。持続時間は5〜12時間。
濃度が高いため、少しの量で香るのが特徴。
他のものより、価格は高めになることが多いようです。

 

オーデパルファン

濃度10〜15%。持続時間は5〜12時間。
濃度は、パルファンとそれほど変わらないこともあります。
しかしこちらは、多くのメーカーが価格を抑えているようです。

 

オードトワレ

濃度5〜10%。持続時間2〜5時間。
持続時間は、パルファンやオーデパルファンに比べると短いです。
でもむしろその方が、日常的には使いやすいかも、、、

 

オーデコロン

濃度1〜5%。持続時間1〜2時間。
うっすらと香る程度。
シャワー感覚で使うのがおすすめ。

 

濃度はメーカーによって異なることも

ただしこれらの分類は、薬事法などで定められたものではありません。
薬事法では、どれも同じ「香水」で、区別はされていないとのこと。

 

なので濃度については、同じ呼び名でもメーカーによって異なることがあるようです。
ですが上の4種類の分類自体は、ほとんどのメーカーが採用しています。

 

系統による分類

香水は、系統によって、だいたい8種類に分かれます。

 

シトラス系

レモンやオレンジなど、柑橘系の香り。
飛ぶのが早いので、ライトに香らせたいときにおすすめ。

 

シングルフローラル系

一つの特定の花を感じさせる香りです。
「ローズ系」などがそれに当たります。

 

フローラルブーケ系

複数の花を感じさせる香りです。

 

フローラルアルデハイディック系

フローラル系ですが、アルデハイド系合成香料を含みます。
神秘的な香りが特徴。

 

オリエンタル系

「西洋人から見た東洋人のエキゾチックなイメージ」の香り。
動物系香料などが多く使われ、セクシーな印象が強い。

 

グリーン系

草木のさわやかなイメージ。

 

シプレー系

コティ社「シプレー」が代表。
フォーマルなシーンがよく合う香り。

 

フゼア系

シプレー系を男性向けにした香り。
やはりフォーマルシーンに合う。