リビドーロゼの「香り」を言葉にしてみると?

リビドーロゼの香りは、実際のところどんなものなのでしょう?
ネットでは、実際に香りを嗅ぐわけにはいきません。

 

公式サイトでは、それを実際、言葉で説明してあります。これは参考になるのではないでしょうか?

 

フリーライターの女性の感想

フリーライターは、言葉についての感覚は、やはり鋭いと思います。
フリーライター2人が、リビドーロゼの香りについて表現しています。

 

Aさん

リビドーロゼをシュッと付けると、「甘い香り」がしてきます。パッと思ったのは、

 

「フルーツか、フローラルみたい」

 

ということ。

 

ベリー系のさわやかな印象もあるんだけど、前面に出ているのは「お花」の香り。
「フローラル系の石けん」の香りに、似ていると思います。

 

Bさん

私もリビドーロゼは、フローラル系だと思いました。色で言うなら、「エレガントな白」かなあ。
時間が経つにつれて、

 

「甘めのフローラル系シャンプー」

 

のような香りになります。
お花の匂いが好きな人には、好まれると思います。

 

ユーザーの表現は?

リビドーロゼを実際に使っているユーザーは、香りをどのように例えるのでしょう?
それも公式サイトに載っています。

 

Cさん39歳

「かわいい香り」だと思います。ちょうど石けんみたい。

 

Dさん19歳

バラの匂いがベースです。
そこにところどころ、ベリー系が顔を出し、落ち着ける香りだと思います。

 

Eさん22歳

石けんのような、バラのような香りだと思います。
キツくはないのだけれど、濃厚です。

 

全体をまとめると?

リビドーロゼの印象を全体としてまとめると、

  • フローラル
  • 石けん
  • ベリー系

などがキーワードになるようです。
リビドーロゼには、花の精油クランベリー果汁などが含まれているので、その効果だと言えますよね。

 

また多くの人が、

  • 香水は苦手だったけれど、石けんみたいなこの香りは大丈夫
  • 普段は香水は付けないけれど、リビドーロゼは付けてみたくなる

との感想を持つようです。
いわゆる香水みたいな「どぎつい印象」は、たしかにリビドーロゼにはあまりないと思います。